『ルアーマガジン』誌で毎年年末に開催している読者投票企画「T.O.Y.(タックルオブザイヤー)」。実際に道具を買っている読者が選んだ商品は何なのか。それこそ、ある意味「1番釣れる」道具ということも言えるかもしれません。2019年を通じてもっとも支持を集めたフック部門ランキングを発表します!

"T.O.Y. タックル・オブ・ザ・イヤー"とは?
『ルアーマガジン』と『ルアーマガジン・ソルト』にて、その年に最も信頼できるタックルを読者の皆様から募集。時代の流行りや風潮を読み解くこともできる、1年間を総括する人気ランキングなのだ!
※投票は『ルアーマガジン 2019年8月号』『同 2020年1月号』、『ルアーマガジンmobile』アンケートの集計結果に基づきます。
貴重なご意見ありがとうございます!



フック部門

釣り上手が小物にこだわるのはもちろん理由があってのこと。見た目で違いが分からなくても、使ってみればまるで違うのがフック類なのだ。いくらルアーチョイスが的確でもバラしてしまえば元も子もない。自分に合ったフックを選びぬいてみよう。

【1位】T・N・Sオフセット(ハヤブサ)

【210pt】前年2位

画像1: 2019年に1番人気だったブラックバス用フックはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●サイズ:6〜6/0 ●入数:4〜9本 ●価格:オープン

並木理論を形にした基本性能の高いオフセット

T・N・SとはT並木スタンダードの頭文字。10年先でも遜色なく使える基本性能をコンセプトに、並木さんの理論を形にしたフック。まさにオフセットフックのスタンダードとして評価されている。フッ素コーティングで刺さりは抜群、クランク部分はZ型でワームをしっかりホールドする。

画像: これが世界のフック選びだ!!|オカッパリで釣果に繋がる!並木敏成直伝フックの黄金比Part1 www.youtube.com

これが世界のフック選びだ!!|オカッパリで釣果に繋がる!並木敏成直伝フックの黄金比Part1

www.youtube.com
画像2: 2019年に1番人気だったブラックバス用フックはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
ハヤブサ(Hayabusa) TNSオフセット 5/0
サイズ:#5/0
カラー:艶消しブラック
入数:4本
ズレを抑えワームをしっかりホールドするZ型クランク
さまざまなワームに対応する豊富なサイズラインナップ
貫通性能がアップするフッ素コーティング仕様
フッ素コーディング仕様
並木敏成プロデュース
¥220
2020-06-12 12:56

【2位】インフィニ(リューギ)

【192pt】前年1位

画像3: 2019年に1番人気だったブラックバス用フックはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●サイズ:2〜6/0 ●入数:3〜9本 ●価格:340円(税抜き)

使いやすいオフセットを追求した高バランス設計

高い実績を誇るピアスフックのコンセプトを継承したオフセット。ギャップ幅と鈎先の向きのバランスを吟味し、魚に触れやすく、同時にフッキングパワーのロスが少ない形状を導き出した。サイバーメタル採用で剛性が高く、フックポイントも鈍りにくい。

画像4: 2019年に1番人気だったブラックバス用フックはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
RYUGI(リューギ) HIN051 インフィニ #1
リューギ インフィニ ブラック HIN051 (ワームフック)≪リューギ ワームフック≫
¥314
2020-06-12 14:41

【3位】Kgフック・ワーム17(デコイ)

【150pt】前年3位

画像5: 2019年に1番人気だったブラックバス用フックはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●サイズ:6〜5/0 ●入り数:5〜9本 ●価格:300円(税抜き)

あらゆるワーム、あらゆるリグにオールマイティに対応

ワームのホールド性能が秀逸で、ヘビーカバーもスタックを恐れず攻略可能。強度も抜群で、即アワセによるパワーフッキングでも安心。あらゆるスタイル、リグにオールマイティーに対応し、バルキーワームでもしっかりとマッチする。

画像6: 2019年に1番人気だったブラックバス用フックはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
DECOY/デコイ Kg HOOK/キロフック ワーム17
¥298
2020-06-12 14:45


T.O.Y.ウォッチャー3人組のフック部門トーク!

画像: 左から『ルアーマガジン』古川、戸村竜太さん、センドウタカシさん。メーカーさまからクレーム覚悟の言いたい放題でお届けいたします。

左から『ルアーマガジン』古川、戸村竜太さん、センドウタカシさん。メーカーさまからクレーム覚悟の言いたい放題でお届けいたします。

古川:1位T・N・Sオフセットと2位インフィニはどちらが首位でもおかしくない状況でした。

戸村:4位のダブルエッジは完全に伊藤巧イズムだね。個人的にはスタンダードを推したい。リューギの隠れた名作フックです。

古川:新顔は7位マルチオフセットフック、10位フッキングマスター。エンジンやイチカワフィッシングなど気鋭のブランドにも注目が集まる。つい先日ダウンショット用のM2フックを使いましたがめちゃめちゃよかった。

千藤:最近はDAIWAのバザーズワームフックSSワイドオフセットがお気に入り。ほかにもフラッシュユニオンのカバーコンタクトフックは、自分のなかでかなりヒットした。トータルでストレスのないネコリグ用フックです。

当部門4~10位までのランキング

順位得点メーカー商品
4位126ptリューギダブルエッジ
5位113ptザップパイルドライバー
6位114ptリューギピアストレブルTCコート
7位96ptカルティバマルチオフセットフック
8位78ptハヤブサN・S・Sフックパーフェクション
9位60ptハヤブサD・A・Sオフセット
10位54ptノガレスフッキングマスター リミテッドエディション ヘビークラス

2019年度の他部門T.O.Y.はこちらから!




This article is a sponsored article by
''.