少し前に発売されて話題になった100円均一ショップの雄、ダイソーから発売された「メタルバイブ」巷では評判はいいんで、ちょっと使ってみてインプレしてみました。しかも、編集部全員でマジマジとやってみましたよ。



ファーストインプレッション

某D社のソルトバイブに似てるんじゃないかとか、フルメタルソニックに似てるんじゃないかという議論が最初に湧き出ましたが、まぁ、スタンダードなメタルバイブの形状。SUVかセダンかくらいのお話なんでその論争は早々に収束。

で、やっぱり初見で気になったのはフックの形状と、スナップのでかさ。まぁ、端的に言うと雑なんです。なので、このままで使いたくないというのが初っ端の感想。

画像: ファーストインプレッション

ただ、本体の形状は良くも悪くもスタンダードな形状なので、そのままでも問題ないですが、コレ、どーにもこーにもフックとスナップは交換せんといかんでしょ。いや、そのままでも釣れる? そりゃ釣れるかもですが、貴重な釣りの時間をこの状態のルアーに頼るほど、豊かな生活は送っていません。暇イズ割の高い資産。タイムイズマネーです。

そこに行き着いた時点で、記者的には既に「無い」ルアーです。なんでワザワザこれ使う必要があるんだ? とはてなマークなのであります。お小遣いがガチで限られている方なら、ギリギリ、コスパの面でも良いかもしれませんが、それでも記者的にはこいつの価値を見出せないのであります。

やはり、釣れるメーカー製のルアーを投入したいというのが釣り人心ってもんです。その性能差が㎜でもmacroでも良いルアーを投入したいのであります。

では、その部分も含めて解説します。

新たなフックの購入はもちろん、在庫フックもコイツに投じたく無い理由

画像: 新たなフックの購入はもちろん、在庫フックもコイツに投じたく無い理由

ということで、フックの交換は必須科目。なのでフックを買うことにしましょうか。コスパが良くて使いやすいフィーモの#6番フックを購入するとします。送料諸々含めて仮に1000円としましょう。

すると、10本入りですので、1本あたり100円となります。それを2本装着します。で、ルアー形状的にブラックバスを意識しているというよりは、海で使うことをイメージした形状ですので、ダブルフックよりトリプルフックということになります。

そうすると、トリプルフックを装着するためにスプリットリングも必要になってきます。はい、既に1個あたり単価が300円を超えます。

画像: 100円均一ルアー「メタルバイブ」を専門誌編集者が忖度なくインプレしてみた。が、やっぱり「無い」という結論になった話。
fimo(フィーモ) fimoフック #6.
入数:10
¥826
2020-07-01 15:50

そうはいっても300円です。300円だったら釣り具メーカー製のメタルバイブがいくら安くても買える値段では確かにありません。しかぁし、カラーは基本シルバーのみ。それなら、ホロシールでも貼って遊びましょうか。

でもですよ、そうやって手間暇かけることが嗜好であり至高だという理念であるならばまだしも、そういった遊び方なら、別にコレでなくてもいいじゃありませんか。ネタで使ってみた? OK。それならものすごくわかります。

でも、真顔で「ダイソーのメタルバイブはいいよね」とは言い難いのでございます。

嫌いだ。好きじゃねぇだとタダの押し付けなので泳がしてみた

ということで、防波堤からガンガンにルアーを泳がしたりフォールさせてみました。チューンせずに、吊るし(販売状態)のインプレッションです。

まず、泳ぎはいいです。いや、釣れる動きです。ハイピッチなバイブレーションではなく、どっちかというとタイトでナローなアピール控えめ系です。動きそのものは、ある意味とてもナチュラルだと思います。

しかも、意外に高速でリトリーブしても動きは破綻しません。

そして、フォールも釣れそうな、素直なスライドフォール。う。これもいい動き。冒頭にディスっている割にですが、実に釣れそうな動きです。

つまり、ルアーの素体としては釣れない要素は無いです。ということは上記のフックやスナップなどの交換してしまえば、実戦で十二分に戦える戦闘力は秘めていると申し上げていいでしょう。

なので、これを釣れると評している釣り人のみなさまの評価は正当だと思われます。

ただそれだけだ。

これがキッズ、はたまたビギナーや、ちょい釣りファン。あまりにも日々の釣り道具への投資が莫大すぎて、釣り具への投資を少しでも削りたいなんて人が愛用するならばまだしも、

釣りを趣味にする人が、先んじて使う、褒めちぎる類のルアーではないと思います。

冗談で「メーカーのまわし者〜」という茶化しが編集中に後方からとんできましたが、でもそうなんです。真面目に、釣れるルアーを格好良く!とデザインしてルアーを釣り市場に送り込んできてるメーカーからすると、100円のルアーなんてコスパ面では太刀打ちできないわけです。コピー品をさっさと作って売っちゃうメーカーにも控えめに苦言。おっと偉い人が来たようだ

何が言いたいかというと、良質なルアーを提供するメーカーの発展、釣りの面白さを提供しているメーカーの発展は、アングラーにもちゃんと帰ってきます。だから、ダイソーのルアーを勧めたくは正直ないのであります。オリジナルを買おう! 実際コスパは良いもんだ!

コロナの影響で様々な逆風が吹き荒れる時代だからこそ、良いモノを正当に購入して楽しむ、大人の釣りを経済的にできる方は、ぜひ釣り具屋に出向いて、カッコいいルアーを使って楽しんでもらいたい今日この頃なのです。シリーズの記事にはひそかに主張していることですが、今回は全面に出させていただきました。

他ダイソールアーのインプレ記事はこちらよりどうぞ。




This article is a sponsored article by
''.