こだわりのメイド・イン・ジャパンメーカーであるDUO。そのバスブランドのレアリスから
ストレートワームが登場!!

一見、シンプルに見えて……実はこだわりの詰まった変則的なストレートなのだ。


グリグリと複雑な波動を生む変則ストレート

ストレートというと形状はシンプル極まりなく、すでに手尽くした感さえあるのだが…どのあたりにオリジナリティを出したのだろう? デュオの広報担当にお話を伺った。

デュオ広報「世に出ているストレートワームの多くは断面が真円だったり多角形だったりするのですが、このリグルクローラーは違います。ネイルシンカーやフックを刺す頭の方は真円に近い形状ですが、ボディのセンターから後部へ行くに従って、断面がヨコ扁平、タテ扁平、ヨコ扁平…と、交互に連続しているんです。それによって、ストレートワームらしからぬ複雑な水流を起こすことができます」。

画像: ボディは単純な円系ではなく、ヨコ扁平、タテ扁平、ヨコ扁平…と交互に繰り返す複雑な形状をしている。円断面よりも水を受けやすく、よりくねくねと艶めかしく動く。

ボディは単純な円系ではなく、ヨコ扁平、タテ扁平、ヨコ扁平…と交互に繰り返す複雑な形状をしている。円断面よりも水を受けやすく、よりくねくねと艶めかしく動く。

なるほど。ストレートワームだと素材も重要かと思いますが、どのようなこだわりがありますか?

デュオ広報「塩入り高比重マテリアルなのですが、単なる高比重だとフッキングが悪かったり、スイミングアクションが殺されてしまったりします。

そこで、スレたバスが食いやすい、動きすぎないけどアピールする、という素材を目指しました。ノーシンカーでもよく動くような素材だと今時のバスはスレていて食わないことが多いんです。あと、バスが大好きなエビのパウダーも練りこんでいますよ」。

画像: 素材は塩入り高比重マテリアルながら、そこまでグニャグニャではなく、ちょっとハリがある。例えるならば、 博多うどんではなく、讃岐うどん 。少しコシがあるのだ。

素材は塩入り高比重マテリアルながら、そこまでグニャグニャではなく、ちょっとハリがある。例えるならば、博多うどんではなく、讃岐うどん。少しコシがあるのだ。

 さらに、見逃せないのはコスパの高さだろう。20本入りで680円(税抜き)というのは国産メーカーでは圧倒的に安い。惜しみなくガンガン使うことができそうだ。

画像: グリグリと複雑な波動を生む変則ストレート


おすすめリグ

画像: ダウンショットリグ

ダウンショットリグ

画像: ネコリグ

ネコリグ

画像: ジグヘッドワッキーリグ

ジグヘッドワッキーリグ

画像: ノーシンカーリグ

ノーシンカーリグ

画像: ジグヘッドリグ

ジグヘッドリグ

ダウンショット、ネコリグ、ノーシンカー……など、ストレートワームなのでほとんどのリグに対応する。ジグヘッドのミドストもテストではかなり釣れたらしい。

ナチュラルなスイミングアクションの中に、わざとバランスを崩すような動きを自発的に演出してくれるのだ

おすすめアクション

ボトム倒れ込み

画像: ボトム倒れ込み

非常におすすめなのが、ネコリグで、着底からの倒れこみ。まっすぐ着底してから倒れこむときに、普通の高比重ストレートだと、普通にスーッと倒れこむのだが、中空テールの浮力が働いて、ゆっくりと倒れこんでくれる。なので、着底後のステイ時間はちょっと長めに取ろう。バスのバイトチャンスの時間もそれだけ長くなるのだ。

間もなく発売される「リグルクローラー」。変則ストレートが全国各地のタフなバス達を魅了することになるだろう!!

画像: プロスタッフ・タク石黒も太鼓判!! タクさん 「釣れる要素が満載のストレートワームです!!」

プロスタッフ・タク石黒も太鼓判!!
タクさん「釣れる要素が満載のストレートワームです!!」

デュオHPにはリグルクローラーのアクション動画もアップされているので気になる方は是非見られたし!!⇩⇩


この記事が掲載されている『ルアーマガジン』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.