メイド・イン・ジャパン! 高品質の象徴ともてはやされては来ましたが、各国の台頭によりその栄光も陰りを見せゆく昨今....。だがしかし、まだ、日本製釣具は海外では高品質・高性能の証! バスフィッシングの本場アメリカでも、日本製ルアーは一目置かれるほどなのでありますが、今回は、日本製ルアーが大人気の東南アジア、マレーシアからのネタ。憧れすぎてとっちらかりな様子をごらんくださいませ。ネタをご提供くださったのは、怪魚からバスまでなんでもござれの釣り酔狂集団「ドランクレイジー」のキーマンで、マレーシア在住の中山健さんからです。



柔らかい魅惑!? ちょっと、ヤダ、ドキドキしちゃう!

画像: 柔らかい魅惑!? ちょっと、ヤダ、ドキドキしちゃう!

や、「柔らかい魅惑」? まぁワームなんでなんとなくわかるんですけど、煽り文句の「完全な行為」に弱エロを感じるSHINJUの商品。3Xパワーも謎ですけどね。

中山「とにかく、日本製への信頼度は抜群なんで。日本製ではないと思いますけど、日本語で日本製感を醸し出しているわけですね」

おおぅ。あれですね、日本製じゃないけど富士山や芸者みたいなジャパニーズIPを全面に出して広告を出し、躍進したと言われている某国企業戦略に似てるじゃないすか。

中山「釣具だけじゃなくてマレーシアは、日本ブランドへの憧れが強くて、スーパーとかも変な日本語が乱れ飛んでますよ。例えば、ソーセージのパッケージで....

これは美味しい。食べたら気が狂います。

とか(笑)」

アカンやつやん! 絶対、危険ドラッグとか、即お縄な薬品とか入ってるやつやん!

日本造り材料。ちょっと何言ってるかわかるけどわからない。

画像: 日本造り材料。ちょっと何言ってるかわかるけどわからない。

このP-BRAID。日本製なのかどうかは置いといて、「日本造り材料」を謳っているですね。マレーシアで人気ターゲットとなってるトーマン用なんですねぇ。

強い魅惑!? いや、ルアーだしね、それはわかるけど

画像: 強い魅惑!? いや、ルアーだしね、それはわかるけど

妖しい日本語がパッケージにいい感じで刻まれています。ルアーなんで、「強い魅惑」ってのは、まぁ、いいんですけど、このルアーのシリーズ名が割にド直球に「魅惑シリーズ」(笑)。そしてこのルアーのセールスポイントが「魅力」と銘打たれてますねぇ。「水泳の深さ:上水浮遊」で、浮遊魅惑ですと? 小生もお恥ずかしながら、ときどき疲れで朦朧としてきて日本語がとっちらかりますが(アカンがな)、たぶん酩酊してもこんな文章はでてきませぬ!(え、いつもとっちらかってる??)

えぇっ!?お下劣な行為ってことですか???

画像: えぇっ!?お下劣な行為ってことですか???

商品名は「ゼロックス」。突っ込みたくなりますが、 うむぅ、それは置いといて煽り文句が「最下の行為」。おぃ、直リグが最低の行為っていうのはどういう了見だぁ?と思うわけですが、もろもろ、とっちらかり。「鋭い火のワシのホック」。うーん、伝わりそうで伝わらない。

強くおよび有効な、みみずのホック

画像: 強くおよび有効な、みみずのホック

「みみずのホック」はワーム用フックの誤訳でしょうか。「強くおよび有効」は、ニュアンスだけは感じれますがよくわかりません。楽しい日本語です。しかし、ブレードの下に隠れた文言が気になる今日このごろです。



がまフック

画像: あ、これ雷魚系用か? 普通にフロッグ用ですな。

あ、これ雷魚系用か? 普通にフロッグ用ですな。

まさか、天下のフックメーカー、がまかつ謹製??? というわけではなさそうですが、こちら「がまフック」です。そして、「極度の鋭いホック」! いやぁ、ホックはずそうとしたらさぁ、極度に鋭くて手が血だらけ! ブラッジャーか!? ってそういう話じゃない!

ということで、また、変なシリーズが入手できましたら、ご紹介したいと思います。それまでは、「鋭いホック」し、「最下の行為」の気をつける!<日本語破壊>




This article is a sponsored article by
''.