2020年初春、ロッドメーカー・テンリュウが大人気トラウトロッド「レイズ」をリニューアル。まずリリースとなるオリジナルモデル8機種は「誰にでも扱いやすい」がコンセプトとなるようだ。時折、凡庸に聞こえてしまうこともある「誰にでも」という言葉。でも、新レイズにはトラウトマン・舟木雄一さんのこだわりがギュッと凝縮されていた。来年の発売を前に、ルアマガは舟木さんに徹底密着! 全5回にわたって、新レイズ、そして現在のトラウトシーン、必要とされているテクニックを「ロッドの観点」からお送りしていく。

【Profile】
舟木雄一(ふなき・ゆういち)
テンリュウ釣具事業部に所属。
幼少期からトラウト、バスに加えてソルトの釣りを経験してきたマルチアングラー。トラウトを狙うメインフィールドは天竜川、木曽川水系。本流から差してくる良型を狙って4月下旬から河畔に立つ。

曲がるロッド「レイズ」が生んだ付加的なメリット

キャスタビリティとアキュラシー。2020年にフルリニューアルモデルとして登場するテンリュウ「レイズ」には、飛距離とキャストの正確性を一番に求めたという開発者の舟木さん。このロッド性能には、瞬間的によく曲がり、素早く収束するブランクスの採用が関係していた。

ウェブ記事第二回目となる今回は、レイズシリーズのカギとなるキャスティングを中心にしながら、汎用性の高いオリジナルモデルについて突き詰めてみたい。

画像: 新潟県・魚野川支流を釣行した際のワンシーン。プレッシャーが高く、非常に小さなスポットでしか魚の反応は得られなかった。シェードよりは低く、しかし岩の上をすり抜けるように。極小のモーションでロッドを振り抜き、ピンスポット撃ちを決める舟木さん。キャスティング技術は「1本のロッドを使い込んで向上させること」が大事と語る。

新潟県・魚野川支流を釣行した際のワンシーン。プレッシャーが高く、非常に小さなスポットでしか魚の反応は得られなかった。シェードよりは低く、しかし岩の上をすり抜けるように。極小のモーションでロッドを振り抜き、ピンスポット撃ちを決める舟木さん。キャスティング技術は「1本のロッドを使い込んで向上させること」が大事と語る。

舟木「前回は、ロッドをしっかり曲げ込んで投げることができれば、常に低弾道のキャスト軌道が生まれるという話をしました。曲がるロッドでの釣りには、さらに付加的なメリットが出てきます。それはルアーの選択肢の幅とプレッシャーの軽減です」

前回の記事はコチラ⇩⇩

〝いつものルアー〟で釣れない時に浮かび上がる課題って?

画像: ミノーを中心に、アップテンポで流れを探っていくのが、舟木さんのフィッシングスタイル。もちろん、ヘビーウエイトタイプも使うが、ワレットの中身はシンプルながら多彩だ。軽量のバグ系プラグが備えられているのも面白いポイント。

ミノーを中心に、アップテンポで流れを探っていくのが、舟木さんのフィッシングスタイル。もちろん、ヘビーウエイトタイプも使うが、ワレットの中身はシンプルながら多彩だ。軽量のバグ系プラグが備えられているのも面白いポイント。

現代の渓流トラウトルアーで主流になっている存在が、ヘビーシンキングミノーだ。5㎝で約5g。小さな渓流魚たちが口を使いやすいサイズながら、しっかり重い。キャスティングにものすごい自信があるわけではなくても、比較的よく飛んでくれる。適宜、キャストが決まる。そこで、この類をパイロットルアーとしてフィールドを歩いている〝ビギナー〟も多いはず

舟木「ウエイトのあるルアーに助けてもらうキャストを間違いだ、とは言いません。ただ、魚のコンディションがヘビーシンキングミノーに合わなかった時に、ちょっとした課題が発生するんですよね」

例をあげて考えてみよう。例えば、アップストリームのミノーイングで全く反応が見られない。試しにミノーを軽量スプーンにチェンジし、対岸から下流に向けてドリフトさせてみる。すると、突然に魚の反応が得られ始めた……実はこれ、よくある話。

画像: インジェクションミノーとは違った自然な誘い方を出したい。キレのある泳ぎでトラウトを誘い出したい時に舟木さんが使うのが、バルサやウッドを使用したハンドメイド系のミノー。木材特有の浮力がキレを生む。

インジェクションミノーとは違った自然な誘い方を出したい。キレのある泳ぎでトラウトを誘い出したい時に舟木さんが使うのが、バルサやウッドを使用したハンドメイド系のミノー。木材特有の浮力がキレを生む。

実際、これは分かりやすい例であって、フィールドでのルアチェンはもう少し繊細なものだ。プラッガーなら、ヘビーシンキングミノーへの反応が薄い時には、より泳ぎにキレのあるノーマルシンキングモデルやフローティングミノーを選択し、魚の反応とチャンネルを合わせていくことが多い。

そう、課題はシンプル。ルアーが軽くなる、ということ。

タフコンディションの時こそ、飛距離を意識したい

舟木「ビギナーの人によく見られる〝送り込み〟のキャストでは、ルアーを軽くした時に途端に飛距離を稼ぐことができなくなります。そこで、当然ながらポイントに近づいて投げるしかない。でも、置かれているのは〝いつものルアー〟で釣れない状況。だからこそルアチェンを行うわけであって、タフコンディションの中でポイントに近づくのは逆効果になってしまう」

画像: 舟木さんのキャスティング。力任せではなく、大振りでもない。肘から先を使ったコンパクトなモーションながら、振り抜くスピードでロッドの反発力を活かしルアーを放つイメージだ。ここまで曲がりながら、決してベナンベナンのパラボリックではない。柔軟さと強さを併せ持った新レイズ。実に楽しみなロッドなのだ!

舟木さんのキャスティング。力任せではなく、大振りでもない。肘から先を使ったコンパクトなモーションながら、振り抜くスピードでロッドの反発力を活かしルアーを放つイメージだ。ここまで曲がりながら、決してベナンベナンのパラボリックではない。柔軟さと強さを併せ持った新レイズ。実に楽しみなロッドなのだ!

しっかりとブランクスを曲げ込めるロッドは、重さを感じやすく、軽量ルアーでも飛ばすことができる。渓流域で釣りをする場合、舟木さんは重いものでは6g、軽いものになると2.5gまでウエイトを下げて魚の反応を見る、と言う。

舟木「新レイズは従来のシリーズより曲がりを意識し、飛距離アップを実現しました。もちろん、それは10mが20m飛ぶようになったという劇的なものではないですが、1、2mは確実に延びています。ルアーをライナーで飛ばし、ポイント直上でフェザリングを使って着水させる。ぜひ、この機会にひとつ上のキャスティングの世界を感じてみて欲しいですね

画像: 魚はいつも分かりやすいポイントに着いてくれているわけではない。高水温下やプレッシャーを感じた魚はスポットに逃げ込む。広い瀬の中の石周りでしか反応が得られないことも。フィールドが大きくても小さくても、ピンスポ撃ちの必要性は変わらない。これがトラウトフィッシング。

魚はいつも分かりやすいポイントに着いてくれているわけではない。高水温下やプレッシャーを感じた魚はスポットに逃げ込む。広い瀬の中の石周りでしか反応が得られないことも。フィールドが大きくても小さくても、ピンスポ撃ちの必要性は変わらない。これがトラウトフィッシング。

画像: 開けた渓相、ドピーカンの状況。水に入るだけで魚のプレッシャーをさらに高めてしまう繊細なフィールドも当然ある。ポイントに近づかず、距離をとってアプローチしたい場所だ。舟木さんは渡渉とヒット時の他は、不必要に水に立ち入らない。

開けた渓相、ドピーカンの状況。水に入るだけで魚のプレッシャーをさらに高めてしまう繊細なフィールドも当然ある。ポイントに近づかず、距離をとってアプローチしたい場所だ。舟木さんは渡渉とヒット時の他は、不必要に水に立ち入らない。

渓流の釣りは、本流にも応用できる。特に入れ替わりポイントに人が入ったり、魚のスイッチが変わりやすい本流域はルアーチェンジが必須だ。

舟木「軽いルアーをディスタンスをとって使えるのは大事なことです。今、使っている6ft10inは中本流用ですが、渓流用の5gミノーが一番扱いやすい竿に仕上げました。ただ、状況によって〝もっと食わない〟という時は、4.5gまで下げて誘うことができる。硬いロッドでは投げにくかったり弾いてしまう。そんな難しい状況を打破してくれる1本だと思っています」

トラウトロッドの潮流が「重く、遠くへ」に向かっている今、舟木さんは別のベクトルでトラウトシーンを見つめ、竿を作り出していた。その観点は「軽く、遠くへ」なのだ。

画像: 2019年夏に向かった魚野川は、高水温と水量の少なさが重なった非常に難しいコンディションだった。ガンガン瀬の中の小さなスポットで、貴重なヒット!

2019年夏に向かった魚野川は、高水温と水量の少なさが重なった非常に難しいコンディションだった。ガンガン瀬の中の小さなスポットで、貴重なヒット!

画像: タフコンに苦しんだ舟木さん。「小さいけど、めちゃくちゃ嬉しいです!」安堵の笑みが浮かんだ。

タフコンに苦しんだ舟木さん。「小さいけど、めちゃくちゃ嬉しいです!」安堵の笑みが浮かんだ。

画像: タフコンディションの時こそ、飛距離を意識したい

より難しいフィールドに挑む人に向けた「スペクトラ」

次回のウェブ連載では、ピーキーな新ロッドシリーズ「レイズ・スペクトラ」に迫る。オリジナルモデルよりハリを加えた「スペクトラ」を舟木さんは、なぜ必要としているのか。

これまでの2回の掲載でお伝えしてきた「飛距離」「正確性」「プレッシャー軽減」「ルアーの選択肢」に加えて、そこには〝口を使わない魚〟への対応策が含まれていた。

トラウトタックルは奥深い。ルアー、ライン、リール、ロッドのチョイス。それら全てを含めた「タックルバランス」が1尾に繋がっている。ハイプレッシャー化が進む河川で、思い通りの魚を手にするために。次回の「スペクトラ編」もお楽しみに。

画像: New Rayz PV ~Long Ver.~ www.youtube.com

New Rayz PV ~Long Ver.~

www.youtube.com

ルアマガプラスの天龍記事はこちらをチェック

This article is a sponsored article by
''.