ルアーマガジンソルトにて連載中の名物企画「タックルハンターNEO」がルアマガ+にも掲載スタート! ルアマガソルトスタッフが話題のアイテムを現場(釣り場)にて徹底インプレッション! 今回取り上げるのはアジングの人気ブランド34(サーティフォー)からリリースされた家邊さんの遊びゴコロとアジングシーンへの新たなコンセプトを提案する新機軸のロッドです。



インプレするのはこの2人!

【Profile】西村
ルアーフィッシングを愛する若手の釣りライター。取材を通じて様々な釣り具に触れてきているので、道具に対する確かな選球眼を持つ。見た目がよくても機能が伴わないアイテムは即見抜いてダメ出ししちゃうぞ!

【Profile】大木
ルアマガソルト元営業担当、現ルアマガ+編集部員。常にアンテナを張って気になる新商品情報を素早くキャッチ。元陸上部の肉体派で、時間があれば水辺でロッドを振る。豊富なタックルの知識をインプレでも発揮。

今回はアジングの大人気ブランド「34」からリリースされた新コンセプトのアジングロッド

アジングのカリスマ家邊克己さんの理想が詰まった珠玉の1本!

これまでにない細身のティップは海中のあらゆる変化を手元に伝達。並継ぎ設計は抜群の振り抜け感をもたらし、軽い力でも軽量のジグヘッドを遠投することができる。軽量ジグヘッドを動かさず、アミ・プランクトンのように漂わせることができる、操作感に優れたロッドだ。

【Profile】
家邊克己(やべ・かつみ)
釣り歴は四十数年の大ベテランで、アジング界のカリスマ的存在。34代表として、長年培ったこだわりを製品にフィードバックしている。プロデュースされるロッドにも家邊さんの強い意志が注ぎ込まれている。

ロッド・パーツ各部

ティップ

画像: ティップ

トップガイド

画像: トップガイド

1番ガイド

画像: 1番ガイド

元ガイド

画像: 元ガイド

グリップ

画像: グリップ

グリップエンド

画像: グリップエンド

各部コンポーネントも一切妥協なしで作られたコダワリ竿

スティープに収束するガイドセッティングに、ティップは今までにないほどの細いソリッドティップを採用している。しなりのあるブランクデザインと並継ぎにより、ベンドカーブはスムーズで、キャストした時の振り抜け感はとても軽快だ。グリップにはEVAを採用。ロッド自重を感じさせない軽やかな使い心地がこのロッドの持ち味。



34初の並継ぎ

画像: 34初の並継ぎ

34ロッドでは初の並継ぎ設計で、これにより振り抜け感が向上。これまでの逆並継ぎロッドと比べれば歴然で、驚きの軽快な振り抜けをもたらす。

1stインプレッション

西村「34は昔からこのジャンルを牽引してきたアジング専門のブランドだし、家邊さんはこだわりが強いことでも知られているから、どんなロッドなのかとても興味があるところ。ゴールドとブラックのカラーリングも自分好みだし、ロゴまわりのデザインも好きな感じです」

大木「最近はパリッとしたアジングロッドが多い中、このロッドはしなやかなソリッドティップモデルを長めセットしてあります。ガイドが普通のロッドではなかなか見られないセッティングをしていて、これが実釣時にどう影響してくるのか楽しみなところ」

後半はいよいよ実釣編!! PSR-60の真骨頂を発揮し、関東アジング激戦区である外房のタフアジを釣ることが出来るのか!? 乞うご期待!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.