2019年、ジュラルミンの羽根を手に入れたIウィング135や、3ピースでライフスタイルの提案まで踏み込んだロッド・トライザなど「ゲームチェンジャー」としての存在感を示したメガバス/itoエンジニアリング。2020年は“原点回帰”スタートアップを目指し、またもビッグバンを誘発する!


創業者の初期衝動と、最先鋭テクノロジー

伊東原点回帰です」

2020年の展望を伊東さんに問うと、そう即答された。

伊東「日本のバス釣り具が黎明期だったとき、木を削ってはクランクベイトやロッドのグリップを作り出した。その混沌の中の初期衝動を見つめ直し、メガバスが持つ最先端技術で世に問いたい」

思い返せばメガバスは革新に次ぐ革新を繰り返し、先例のないモノ作りを30年以上続けてきた。

伊東「中でも、日本のバスフィールドに寄り添ってきた側面も大きいですね。アメリカンルアーにはなかったフィネス。トーナメントシーンをも席巻するような繊細さ」

それもまた多くある側面のひとつ。そういったメガバスならではの多様性も、より鋭く、より深くプロダクトに反映されていく。

【Profile】
伊東由樹(いとう・ゆき)
国内バス釣り黎明期から活躍する伝説的バス釣り師にしてメガバスグループ総帥。2018年には自身が設計したバスロッド・デストロイヤーシリーズが世界で最も権威あるiFデザイン賞を受賞。国際的なプロダクトデザイナーとして名高い。

ジグ撃ちのようにねじ込む“究極のスピナベ” SV-3(メガバス)

画像: スローローラー(インディアナタンデム)モデル

スローローラー(インディアナタンデム)モデル

画像: ダブルウィローモデル

ダブルウィローモデル

ストロボ×バイブレーション! 激波動なタフプロダクト

「一見スピナーベイトなんですが、使い手としてはジグ、ですね。ワイヤーは1.0ミリと太めで、カバーのでかバスでも耐えうるんです。特筆すべきは、ブレード。平面と曲面を組み合わせたSV(ストロボバイブレーション)ブレードで、振動とフラッシングを追い込みました」

踊るようにひらめく平麺スカートや震源地となるヘッド形状など、究極のスピナベといえる仕上がりとなった。

画像: 撮影のために訪れた激タフポンドでは、岸からなんとグッドサイズが!

撮影のために訪れた激タフポンドでは、岸からなんとグッドサイズが!

スペック
●自重:1/4、3/8、1/2、3/4オンス ●プロトタイプ ●ほか全て未定



ジャマイカバズ(メガバス)

画像: ジャマイカバズ(メガバス)

B.A.S.S.エリートプロ、クリス・ザルディンと共同開発!

より深いサカナ、カバー奥のサカナも呼び込む為のサウンドシステム。シャフトに設けられたラウドチャンバーにプロップが当たり、つんざく音でハイアピール!

「ジャマイカボアという湿地帯のヘビから命名。サウンドもそうなんですが、極太ロングアームと不規則回転のマンタプロップで、トルクフルでディレイのかかった回転と振動を生みだします」

それだけヘビーデューティなのに、ヘッドのホバーカップのお陰で、浮き上がりは速攻!

画像: ホバーカップが採用されたVフラットヘッド。

ホバーカップが採用されたVフラットヘッド。

スペック
●自重:1/2オンス ●ほか全て未定

関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.