2020年フィッシングショーシーズン開幕! 1/17~1/19の3日間パシフィコ横浜で開催されていた「釣りフェスティバル」にルアマガプラス編集部員も潜入!! 昨年琵琶湖を皮切りに全国各地で大旋風を巻き起こした、伊藤優歩プロ監修の大人気バスワーム『ベローズギル(ジークラック)』そして『ベローズスティック(ジークラック)』。そんな同シリーズ“専用のフック”がこの度リリースされることとなった!



名前はそのまま! ベローズシリーズ専用!!『ベローズフック』

大人気琵琶湖プロガイド・伊藤優歩さん監修、無数のリブからから生まれる水押しはまさに「生命体」そのもの! 最強の波動しっかりとした水噛みナチュラルなアクション、そしてジークラックオリジナルの匂いと味で魚を引き寄せるSAFマテリアルを採用したフラット系ワーム『ベローズギル』

そして同ボディマテリアルを採用したスティックベイトベローズスティック

2018年にリリースされ、琵琶湖で人気を博し、関東でも入手困難になるほど人気となった同ワームシリーズの専用フックが、PDチョッパーインチワッキーこちょこちょヘッドブレディなどでもお馴染みの「ZAPPU(ザップ)」からこの度リリースされることとなった。

その名もベローズフック

画像: 名前はそのまま! ベローズシリーズ専用!!『ベローズフック』

ザップフィールドスタッフでもあり、監修した伊藤優歩さんにいろいろとお話を聞いてきました。



“専用”だけれども『超スタンダード』なオフセットフック!

ベローズフックとはどのような特徴をもったフックなのでしょうか?

伊藤「その名のとおり、僕がジークラックさんで監修をさせて頂いたベローズシリーズ(べロースギル、ベローズスティック)専用設計のフックとなります。

ですが両ワームを見ていただいても分かるようにベローズギルとベローズスティックでは形状がまったく異なりますし、厚みも違うんですよね。なので使う時には、各々そのワームの形状に合うフックを用意しなければなりませんでした。

でもひとつのフックでどちらのワームも使えるように、ゲイプの幅やフック本体の太さも番手によってミリ単位で設定、またフックのクランク部分も長さを調整して、ベローズ特有のリブ形状でもしっかりワームをホールドするように設計したのが『ベローズフック』です。

そして一番の特徴は超スタンダードであるということ

画像: “専用”だけれども『超スタンダード』なオフセットフック!

伊藤「元々ベローズシリーズ専用に作り上げたフックなんですが、製作していく過程でフックの必要ないところを全て削ぎ落としていった結果、いわばオフセットフックの“原点”に立ち返ったような癖のない、誰でも使いやすいフックに仕上がりました

なのでストレートワームを使っていて、ホッグ系ワームに切り替えたいと思った時もフックを交換せずにそのまま使える、ワームに合わせてフックを換えていくという手間が省け、釣りの効率も上がっていくんです」

『超スタンダード』ということはベローズシリーズだけでなく、他のワームも使えるということですか?

伊藤「そうなんです、ベローズシリーズのワームの性能を100%引き出せることは勿論、他社さんのワームでももちろん使えます! ラインナップも#2から6/0まであるので、シチュエーションに合わせて幅広く対応できますよ!」

“専用モデル”でありながら“スタンダード”という非常に稀有なオフセットフックである『ベローズフック』。ラインナップも豊富なのでシリーズで揃えるのもアリでしょう!!

リリースは春頃予定となっているので、発売まで暫しお待ちを!




This article is a sponsored article by
''.