あの、メガバスとルアマガのコラボマルチピース。究極のパワーモバイルロッド『BUCHINUKI POWER MOBILE』、2機種が2年のテストを経てようやくローンチ! 紆余曲折ありましたが、強烈な個性をもってようやく皆様にお届けできます!

購入はこちらから↓

尖りすぎて受け入れられるか心配でしたが.....

なにせ、ロッドのコンセプトが、特殊。

東京湾などの湾奥部などのアーバンフィッシングを会社帰りに楽しむには、とにかく荷物を少なくしたい。マルチピースは当然として、よりコンパクトな釣りを実現するには何が必要かを思案しました。

こういうコンパクトさは当然のアイデア。珍しくもありません。しかし! 真の狙いはBUCHINUKIコンセプトなのであります! 専用ロッドケースもかなりコダワリましたけどね!

ロッド、リール、ルアー、小物類、で、ランディングネット。あ、大事なツールではありますが、会社帰りにランディングネットぶらさげるのは、ちょっと大変だ。ランディングネットを省きたい。となると、ランディング時に港湾部のアベレージサイズ60cmクラスを、足場高からブチヌキたい。

そうか、それぐらいのバットパワーを持ちつつ、小型のシーバスを捉えきる柔軟さを併せ持つ、インチキみたいなロッドが欲しい!

こんな無茶ぶりに、答えてくれる技術力があり、小回りの効くメーカーさんはないか!?

「あるよ!」と往年の人気ドラマのマスターのように手をあげてくれたのが、あのメガバスでした。

取り急ぎ、今回のロッドのコンセプトムービーをリンクしておきます。↓

画像: MEGABASS☓LML コラボロッド BUCHINUKI POWER MOBILEで短日5目釣り!<アラマキシンヤ> youtu.be

MEGABASS☓LML コラボロッド BUCHINUKI POWER MOBILEで短日5目釣り!<アラマキシンヤ>

youtu.be

予想以上の汎用性を携えたサンプルが編集部に届く!

最初にとどいた、サンプルの4Pは琵琶湖取材、アメリカ出張の多い小社、ルアマガ総合プロデューサーの目にとまり、事あるごとにお供することに。ここで、ある程度の調整がなされます。

そして、サンプルを重ねるごとに様々なバランスが調整され、あれよこれよとやっているうちに...。

尖ってる仕様なのに、汎用性めっちゃ高くないか? という嬉しい誤算が。とにかく、使える懐の広さはメガバスの秀逸なテーパー設計と使っている中弾性カーボンの特性でしょう。個人的には名竿は「中弾性素材」メインのロッドと考えており、アクションもドンピシャです。

何度も書いてはおりますが、そんなこんなで当初のニッチコンセプト「湾岸BUCHINUKI」という開発コードから「BUCHINUKI POWER MOBILE」という開発コードに移行して微調整を続けてきました。陸っぱりを意識したバランス設定にはなっておりますが、ボートフィッシングにもスタッフは愛用しております。

とにかく、中・大型魚相手に取り回しの良い仕様になっております。そのモバイル性能と汎用性から、怪魚狙いのアングラー、バスフィッシャーマンにかなり注目されております。が、元はシーバスロッドですからね! そこの性能は一切妥協しておりません。

うるさがたのルアマガスタッフの間でも高評価。26,800円税抜という、かなりのお買い得価格。他にはないですよ〜。値段設定、ちょっと間違えましたー(ホントの話です...ごめんよ会社)。

まだ、在庫はございますが、そんな潤沢な在庫ではございません。ゆっくりご検討くださって構いません。ですが、相当に自身のある品ですので、そこはお早めに。なにせ、スタッフが本当に欲しく作ったスペックですので(笑)

ということでよろしくおねがいします!




This article is a sponsored article by
''.