メコン川でメコンオオナマズを狙うが惨敗。翌日は釣り堀でカチャーというナマズとベトナム産ライギョを釣ってミッション達成と思いきや、上岡くんがアイフォンをひったくられるという想定外のトラブル発生。さてどうなる最終日!?

バックナンバーはこちらからどうぞ↓

「盗難届出すから、1週間後に取りに来い」

3日目の夜、猛烈な勢いで逆走してきたスクーターにアイフォンをひったくられた上岡くん。盗難届を申請すべく警察署に向かったところ、「お前らが泊まってるホテルの従業員を連れてこい」と。

で、言われたのが見出しのセリフ。

盗難届はホテル従業員が協力してくれてなんとかなったけど、海外では身の回り品には十分すぎる注意を払うべし。

画像: 昼も夜も洪水のようにスクーターが走り回っている。身の回り品には常にご注意を。

昼も夜も洪水のようにスクーターが走り回っている。身の回り品には常にご注意を。

そんなわけで最終日の4日目。ホテル近所の店でバインミーを食べた後は、タクシーでテナガエビの釣り堀に向かった。

目的地はホーチミンの中心部からタクシーで約30分。運賃は1,000円ぐらいと日本より格安だ。「タンダ」という名のエビ釣り堀で、かなり有名らしい。

画像: この看板が目印。タクシーの運転手に「タンダ!」と伝えたら通じたので、まあまあ有名かも。

この看板が目印。タクシーの運転手に「タンダ!」と伝えたら通じたので、まあまあ有名かも。

画像: 営業時間は7時から22時まで。週末の夜は結構混むみたい。

営業時間は7時から22時まで。週末の夜は結構混むみたい。

ドラハンチームは台湾やマレーシアでもテナガエビ釣り堀に挑戦したことがあり、アジア各地でかなりメジャーな存在だ。国ごとにシステムが微妙に違っていて、ベトナムはインストラクターが手伝ってくれるのが普通らしい。

我々の担当は辰吉そっくりだったので、「エビタツ」と呼ぶことに。

画像: エサは巨大なイソメ。細かく切り刻んでハリに付けてくれるだけでなく、ウキに出た微妙なアタリを自分たちの代わりにアワせたり、釣れたエビのハリを外したりと八面六臂の大活躍を見せてくれたエビタツ。

エサは巨大なイソメ。細かく切り刻んでハリに付けてくれるだけでなく、ウキに出た微妙なアタリを自分たちの代わりにアワせたり、釣れたエビのハリを外したりと八面六臂の大活躍を見せてくれたエビタツ。

エビタツのレクチャーの甲斐あって、小気味良い引きを楽しみつつ全員キャッチに成功。1時間ほどで合計5~6匹釣れたので、すぐ隣の厨房で料理してもらうことに。

画像: 定期的にスタッフがエビを放流(バケツでばら撒く)ので、一気に食いが立つことも。

定期的にスタッフがエビを放流(バケツでばら撒く)ので、一気に食いが立つことも。

画像: 釣れたてを厨房で料理してもらえる。今回はもっともシンプルな塩焼きをオーダー。

釣れたてを厨房で料理してもらえる。今回はもっともシンプルな塩焼きをオーダー。

2時間釣って楽しんで、料理までしてくれて3人で約2800円。ここはレストランとしても有名なので、次は晩ご飯をいただきつつビールを飲みながらマッタリ釣ってみたいです。

画像: 焼きたてのホヤホヤにライムを絞ってかぶりつく。お世辞抜きで美味かった!!

焼きたてのホヤホヤにライムを絞ってかぶりつく。お世辞抜きで美味かった!!

そんなわけであっという間に終了したベトナム4日間の旅。

料理は安くて美味いし、エアチケットもそんなに高くないので、皆さんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

画像: 「ベトナム100倍速」を運営されている朝日さん。いろいろとお世話になりました! ありがとうございました!

「ベトナム100倍速」を運営されている朝日さん。いろいろとお世話になりました! ありがとうございました!

おまけ

画像: お土産にスーパーで買って帰ったインスタントのフォー(ベトナム風うどん)。お湯をかけて3分待てば完成。メーカーはなんとエースコック! 美味!

お土産にスーパーで買って帰ったインスタントのフォー(ベトナム風うどん)。お湯をかけて3分待てば完成。メーカーはなんとエースコック! 美味!

関連記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!




This article is a sponsored article by
''.