全世界においてルアーフィッシングブランドとして圧倒的な人気を誇る「アブ・ガルシア」。そのラインナップはロッドやリールに留まらず、ルアーやアパレルなど多岐に渡る。そんなアブ・ガルシアは2020年バッグなどのアクセサリー関連も非常に充実しているのだ! 今回は電車釣行や仕事の合間のちょい釣りに大人気な「パックロッド」にフォーカスした専用のロッドケースが遂に登場!でもこのロッドケース…ただのロッドケースじゃないんです!


セミハードパックロッドケース 55-90

昨今電車や飛行機などの交通機関の発達、また都市近郊におけるアーバンサイドの釣りが確立され、仕事帰りや旅行先など、車を持たずとも誰でも手軽に釣りを楽しむことができるようになった。

タックルにおいても1ピースロッドや2ピースロッドだけではなく、3ピース、4ピース、5ピース、そしてテレスコピック(振出し)と持ち運びに便利な「パックロッド」が釣具メーカー各社から数多くリリースされ、中には1ピースや2ピースを凌駕するハイスペックモデルもリリースされておりそのニーズは年々高まっている

そんなパックロッド多く普及されている中、アブ・ガルシアからパックロッド専用のハードケースがリリースされる。

その名も「セミハードパックロッドケース 55-90

一見、なんの変哲もないモバイルロッド用のロッドケースに見えるが、実はパックロッドユーザーが「一番欲しいっ!!」とされる嬉しいギミックが搭載されているのだ!



アジャスタブル機能搭載で様々な長さのパックロッドにも対応可!

現在パックロッドのケースというと、パックロッド本体の付属品としてのケースがほとんど。「釣種別(例:エギングやアジング)のロッドをまとめて持って行きたい!」となったときにケースのサイズが違い、また付属のケースだと本体のみしか入らず結局裸のロッドをロッドベルトにまとめる…。パックロッドを多用するアングラーであればそんな経験があるのではないかと思う。

しかしこのロッドケースは、パックロッドケースでは業界初となるアジャスタブル機能搭載で、仕舞寸法55cm~90cmとお手持ちのパックロッドに合わせ自由に調節が出来るのだ!

またロッドも複数本収納することが出来、バスフィッシングであればベイトロッドとスピニングロッド、ソルトルアーであればアジングロッドとエギングロッドなど、パックロッド釣行におけるさらなる選択肢が増えるのだ!
(※収納目安4本継ぎのパックロッド2~3セット。グリップ形状やガイドのサイズなどで変わりますのでご注意ください)

専用バックパックを駆使するのもアリ! さらに快適なパックロッドライフに!

現在アブ・ガルシアから釣り用バックパック「システムバックパック」と「防水用バックパック」の2種がリリースされており、どちらもバック右部にはロッドケースを差し込み、ベルトで固定可能なサイドポケットが付いている

このバックパックと併用すればさらに快適なパックロッド釣行を楽しめるだろう!(※アジャスタブルが長すぎると不安定になるので、その際はロッドケース単体で背負いましょう)

勿論自宅での保管用としても使用可能!パックロッドはコンパクトになるものの、保管方法に悩まれた方も多いハズ!

発売はもう間もなく! 気になる方は下記HPでさらなる詳細をチェックされたし!!




This article is a sponsored article by
''.