日本を代表する名竿、ロードランナー。「本当に釣れるバスロッド」として揺らぐことのないコンセプトを元に、シリーズの根幹であるVOICE LTT、ハードベイトに特化したVOICE ハードベイトスペシャル、そしてソフトワーミングに特化したストラクチャー。ロードランナー最後の血統であるストラクチャーが、伊藤巧というアングラーによって生まれ変わる。


伊藤「僕のワガママをカタチにした。NXSはそんなロッドなんです」

画像2: 『ロードランナーストラクチャーNXS(ノリーズ)』革命の夜明け―。進化するソフトベイトゲームが「Next Stage」

【Profile】
伊藤巧(いとう・たくみ)
時代を画す若きロードランナー。陸王&艇王連覇後、2019年にアメリカのB.A.S.S.セントラルオープンに参戦。初年度にてエリートへの昇格を果たした実力者。エリートシリーズでも健闘中。ノリーズプロスタッフを務める。

ソフトベイトゲームの先、勝つためのスローダウン。

伊藤「単なるモデルチェンジではなく、より釣るため、そして勝つための特化型ロッド。それがNXS」

今回のモデルチェンジでプロダクトマネージャーを務めた伊藤さんは開口一番にこう語った。師である田辺哲男氏から受け継いだロードランナーストラクチャーを国内、そして本場アメリカの最前線で活躍する彼が文字通り、『Next Stage』へと導く。

伊藤「今回最も変化したのはブランクス。モデルそれぞれに最適な弾性率を選んで特化させました。もちろん、元のストラクチャーの良さでもあるトルクやいい意味での遊び、つまりラインスラックの作りやすさは活かしつつも、ガイドバランスやリールシートによってより操作性、感度を上げてシャープに仕上げています。

具体的に言うと人気の番手でもある680MHや650Mはこれまでと同じ使用感のまま、基本性能がグッとアップしているものもあれば、670MH-Stや700Hのように、サンカクティーサンやヘビーキャロライナに特化した、攻めの番手もあります。

だから一言で言えば、これは僕のワガママ。シビアなシーンでより多くの魚を釣るために現代のバスフィッシングに必要な要素を詰め込んだ、勝つためのロッドなんですよ」

こだわり抜いた細部パーツが操作性、感度をさらに向上!

画像: こだわり抜いた細部パーツが操作性、感度をさらに向上!
画像: 撮影モデル:STN680MH(ベイト)

撮影モデル:STN680MH(ベイト)

画像: 撮影モデル:STN610LLS(スピニング)

撮影モデル:STN610LLS(スピニング)

リールシート

画像: リールシート

ベイトにはECS、スピニングはVSSリールシートを採用し、軽い握り込みでも安定のあるグリッピング、そして繊細なアクションが可能。

ガイド

画像: ガイド

軽さと感度を突き詰めるべく、富士工業製チタンフレームにトルザイトリングを組み合わせてガイドバランスを調整。よりシャープに仕上がっている。



ラインナップ

画像1: ラインナップ
画像: 操作性や感度の向上はもちろん、ロードランナーならではの、追従性=バラしにくさも健在。

操作性や感度の向上はもちろん、ロードランナーならではの、追従性=バラしにくさも健在。

画像2: ラインナップ

伊藤「手に取ればきっとわかります。NXSの文字が意味する、次世代的バスロッドの鼓動を」。

伊藤さんは自身のNext Stage、アメリカの舞台をロードランナーストラクチャーNXSと共に戦う。
革命の夜はもう明けているのだ

画像3: ラインナップ

伊藤巧に関する記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.