既報の通り、2021年はDAIWA発のバスロッドの頂点『STEEZ』シリーズが15年ぶりにフルモデルチェンジするメモリアルイヤーだ。先行公開された5モデルに続き、残す10モデルの詳細も明らかに。漆黒のバーサタイルモデルと真紅のワーミングモデルに込められた進化、そして深化をここで確認せよ。


今を釣るためのダイワSTEEZは「最高の聖剣」

15年ぶりに大改革が行われ、生まれ変わった『STEEZ』シリーズは15本をラインナップすることが告知されている。

画像: 今を釣るためのダイワSTEEZは「最高の聖剣」

先日先んじて公開したレジェンド・T.Namikiこと並木敏成の「MACHINEGUN CAST」モデル3本、誰もが認めざるを得ない陸の王者・川村光大郎の「Shore Competition」モデル2本の計5本に引き続き、残すところあと10本を本記事で詳説しよう。

全15モデルのスペックはこれだ!

画像: 全15モデルのスペックはこれだ!

全モデル共通のNEW AIR BEAM SEAT

モデル毎にベストなテクノロジーやパーツ、そしてテーパーデザインで仕上げられたDAIWA最高峰バスロッドが21STEEZだが、唯一全モデル共通となるのが進化したリールシート。

ベイトは各指の長さと角度に着目して段差を減らし、トリガー自体を薄く短く仕上げて各指の移動をスムーズに。

スピニングはフォア下部に逆アールを設けグリッピングを向上する。

優れた汎用性を身に付けた計6モデルのバーサタイル

前回の記事で紹介した並木氏のベイトモデル「MACHINEGUN CAST I / II / III」に引き続き、ベイト2+スピニング1のバーサタイル3モデルを追加公開。

先代までは釣法に特化したスペシャリティ機のイメージが強かったが、21STEEZは汎用性に優れるモデル群を加え、さらなる戦力の増強へ。

FROGGER(フロッガー)C67MH-FR

フロッグスペシャルがワーミングへの幅を拡大

PE使用を前提としたSTEEZのLDBガイド搭載モデル。

画像5: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

ソフトティップのEXファストテーパーはフロッグを始めテクニカルな操作を可能にする一方で、ワーミングにも優れた対応力を発揮。

絶妙なレングスが操作性とキャスタビリティを両立する。

画像6: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

セパレート部には『TWITCHIN' FROG』のネームと共に、DAIWA伝統のフロッグマークが。

TOPGUN(トップガン)C74MH+

画像7: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

ビッグレイクバーサタイルの名竿がさらなる深化へ

16TOPGUNから2inUPで圧倒的な飛距離へ繋げる一方で、先代譲りの強靭バットパワーは健在。

張りのあるティップはウィードを躱し、スタック時に必要以上に揺らして魚を散らすことを回避。

横の釣りのみならずボトムでもスラックを活かした釣りに活躍。

SKYFLASH 66(スカイフラッシュロクロク)S66L

画像8: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

究極のライトリグ汎用機・66Lという解

曲がり始めを先端寄りに配置したワーミングテーパーは、ボトムでスタックを躱して繊細なアクションを伝達。

張りを持たせたティップと軸ブレしないバットの組み合わせはアキュラシーを高め、フッキングレスポンスを向上。その高い操作性はミドストにも盤石だ。

ワーミングモデルのカラーリングは燃える真紅

最高峰STEEZに採用が許される超感度カーボンテクノロジー「SVF COMPILE-X」を採用したのが、真紅のパーツで彩られたワーミングモデル。

樹脂量を極限まで削減したカーボンブランクは乾いた感度を手元へ伝達。モデル毎にAGSガイドやSMTチューブラーの搭載などで感度がさらに研ぎ澄まされる。

ワーミングに特化させたSVFコンパイルX機は、前回の記事で紹介した川村光大郎モデル「FIREFLASH」含め計8本を数える。なお、LIGHTNING66のみSVGグラスを採用した巻き専用機だ。

HERMIT(ハーミット)C64L-SV・ST

画像9: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

ベイトフィネスが極まる高弾性かつ高感度ソリッド

ベイトフィネスの名竿が2021アップデート。

高弾性かつスティッフな高感度ソリッドティップはキャスト時にはブレずにアキュラシーを高め、トレース時は小さな変化も捉え、ライン負荷の緩急を明確に感じ取れる。

SVF COMPILE-Xのチューブラーに組み合わせ異次元の感度へ。

各モデルのセパレート部にはその特長を象徴する英文がプリント。HERMITには高感度ティップを意味する『SENSITIVE TIP』が。

HURRICANE(ハリケーン)C67MH-SV・ST

画像10: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

5~7gのボトムサーチで威力を発揮する沈み物SP

ソリッドティップ+強靭ベリー〜バットでボトムの沈み物で威力を発揮。

中弾性ソリッドティップに高弾性SVF COMPILE-Xを組み合わせ、5~7gを軸としたテキサス&フリーリグと好相性。

スラックが出た状態でも超感度を発揮する沈み物スペシャリティだ。

FURY(フューリー)C70H-SV・ST

画像11: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

9g以上で威力の高弾性ソリッドティップ

構造はHURRICANEと同じくするも、高弾性ソリッドティップを採用することで9g以上のシンカーで抜群の相性。

沈み物ではソリッドティップが弾かず誘い続け、移動距離を抑えたハングオフを実現。シンカーの重量次第でHURRICANEとの使い分けが肝要だ。

BLACK JACK(ブラックジャック)C68M+ -SV・AGS

画像12: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

「ダウンショットスペシャル」さらなる超次元の感度へ

軽負荷ではティップアクション、高負荷ではパラボリックにベンドするマルチテーパーへ進化した21BLACK JACK。

軽量リグのキャスタビリティとライトラインへの対応力が大幅に向上。

SVF COMIPILE-Xの感度は、AGS&CWSのアシストで超次元へと突入。

STRIKE FORCE(ストライクフォース)C72H-SV・AGS

画像13: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

ヘビキャロを始めボトム探査で究極の感度と操作性を発揮

超感度ヘビキャロスティックとして知られる先代モデルがテーパーを見直し、カバー撃ちでの操作性を飛躍的に向上。

ヘビーテキサスは無論、ジグとの相性も抜群。超感覚ブランクとAGS&CWSは72Hを感じさせない軽快な操作性、そして超感度へと直結する。

HARRIER 610(ハリアー シックステン)C610H-SV

画像14: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

「進化するハリアーの血統」テクニカルカバーロッド

テクニカルカバーゲームを標榜するハリアーの進化モデル。

シャープな振り抜きとパワーを両立したコンセプトはそのままに、スタイルが制限される現場でも低弾道かつアキュラシーを高めたキャストを可能に。

ジグ&ワームはもちろん、ビッグベイトにも対応可能だ。

SKYBOLT(スカイボルト)S65L+ -SV・SMT

画像15: DAIWAバスロッド最高峰『STEEZ』 モデルチェンジした全15本の全貌を今こそご覧あれ!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

マイクロピッチシェイクを昇華する異次元の感度

タフな状況下でバイトへ持ち込む究極のシェイキングロッドが完成。

スラックが出た状態でも手感度に優れるSMTと、振動伝達に優れるSVF COMPILE-Xが従来の不可能を可能に。

ボトムにシンカーを付けたシェイクは無論、ミドストやホバストで好相性を魅せる。

DAIWAの他の2021年新商品をもっと見る!






This article is a sponsored article by
''.