そのリアルかつ違和感のないフォルムで全国各地で丸呑み報告が続出したメガバスのボトム系スイムベイト『ダークスリーパー』。そしてその新たな姿として、ザリガニをリアルに模した「スリーパークロー」の新登場はすでに報じたとおり。だが、2021年のメガバスはもうひとつのスリーパーを隠していたんです!

スリーパーギル

ハゼ系ベイトをリアルにイミテートした『ダークスリーパー』、当サイトでもその存在を報じた2021年の新作『スリーパークロー』。

ウェイト一体型フックをソフトボディに内蔵し、外観から不自然さを極力排除したこのスリーパーシリーズにもう一つのスリーパーが2021年は仲間入りを果たすという。

その名も『スリーパーギル』。

画像: スリーパーギル

【スペック】
●サイズ:82mm
●ウェイト:1oz
●タイプ:シンキング

シャッドテールと鼻先のラインアイはあるものの、その姿はまさしくブルーギル。

ダークスリーパーがボトム付近を泳がせることで活躍していたのに対し、コチラはオーバーハング下などの表層付近が主な活躍場所。

何故ならば、フックが背びれに隠れることで得た高いスナッグレス性能、そしてギル系ルアーならではの扁平ボディが組み合わさることで、混みいったシェードの中にスキッピングで投入し、根がかりさせること無く巻ききることが可能だからだ。

また、優れたバランス設計により獲得した抜群の泳ぎだしと低速リトリーブが、日陰で無防備に泳ぐブルーギルをリアルに再現するわけだ。

内部構造を公開!

画像1: 内部構造を公開!

ソフトボディに内蔵されているのはお馴染みのウェイト一体型フック。

その割合は全体の数%程度しか専有しておらず、つまりボディの殆どはソフト素材であり、魅惑のスイムアクションを生み出す根幹となっている。

画像2: 内部構造を公開!

もちろん、針先は背びれ部分にカバーされるよう配置。

この背びれは単にフックを隠すフィン状なだけでなく、フッキング率を上げるために中空設計となっているのだ。

ギル喰いバス狙いの秘密兵器誕生!

シェードに子ギルが集まるシチュエーションで泳がせるのはもちろんだが、ボトムに沈めれば底をついばむブルーギルの姿も演出できるとメガバス・伊東由樹社長は語る。

ブルーギルがいるシチュエーションでは間違いなく活躍してくれそうな『スリーパーギル』。

ギル喰いバス狙いの秘密兵器誕生の時は近い!

メガバスの新製品情報をもっと見る




This article is a sponsored article by
''.