春到来! シーバスの活性も上向き、コンディションが上がってくる季節。今回はショアのシーバスからオフショアのマグロまで、あらゆるソルトスアーフィッシングに精通するスペシャリストに、春の基本となる1本と、喰わせ、応用と言うべき1本のルアーをカラーも決め打ちにしてご紹介! これを読んで春シーバスを仕留めに行きましょう!!



究極のアジャスト能力を持つソルトルアーゲーム界の超マルチプレイヤー

画像2: ソルトゲームのスーパーマルチエキスパート『鈴木斉』が春の河川シーバスゲームにおすすめする2大ルアー!

【Profile】
鈴木斉(すずき・ひとし) 
茨城県在住。多くの先達から天才少年とよばれ、若くしてルアーフィッシングの歴史を全て目撃してきたトップアングラー。シーバスを筆頭に、オフショアのビッグゲームでも抜群の実績を上げ。日本全国を舞台に活躍する放浪のプロアングラーだ。

内房エリアの川で獲る外さない戦略とは…

この時期のシーバスといえば、内房の河川を中心に狙うという鈴木さん。そんなポイントでの基本ルアーとは?

鈴木「スタッガリングスイマー100Sです。この時期のナイトゲームは、バチやアミを筆頭にスローなベイトで、シーバスもアフターが主体。そんな時に、このルアーのアクションとレンジ、サイズが、一番汎用性が高いですね。単純な飛距離でいえばトライデントのほうが飛ぶけれど、あそこまで細いと千葉の河川ではフォール速度が速くなりすぎて使う場面が限られます。スタッガリングスイマー100Sなら、浅い場所でも使いやすいし、アップ~ダウンまでどんな使い方でも仕事をしてくれます。カラーは、ずばりチャートバック。この色は、魚の反応を一番速く出せるんですよ」

鈴木さんおすすめ! 基本の春ルアー「エクスセンス スタッガリングスイマー100S(シマノ)」

画像: カラー:チャートバック

カラー:チャートバック

スローベイト全般に対応するシンペンのど真中にいるルアー
鈴木さんがシンキングペンシルにもとめる「漂うような使い方」を体現するルアー。バチ、アミなどの普通のミノーでは食わせ難いベイトにも強く。秒速30㎝の沈下速度が、内房の川や干潟のナイトゲームでジャストフィット。

おすすめカラー:「チャートバック」
最近は少数派のパールベースの代表色。古いカラーと思いきや「アタリの出方は一番速い」と鈴木さんはいう。

使い方3ヵ条

其の1:どんな時にもスローのただ巻きで漂うよう流すのが最強の用法

其の2:アップ~ダウンまで、自分を中心に流れの当て方変えてみる

其の3:ロッドの角度とリトリーブ速度も利用してレンジを変える

チャートバックは、一見すると古典的だがその実力は高く。鈴木さんはよほどクリアな水色でない限りこの色が先発だとか

鈴木「もう一つ選ぶなら、サルベージ70ESですね。これはスタッガリングスイマー100Sの真逆の存在で、速く沈む速度を使ったリアクションで探りたいからです。だから自分はシャローエリアでも70mm・20gのコレを選びます。沈めてからアミ付きの魚を巻きのリアクションでも食わせられますよ。

カラーは絶対にレンズボラですね。えっ? 辺見さんもこのカラーを推してましたか。やっぱりね(笑)。ぶっちゃけサルベージは、このカラーしか自分も使いませんよ。それぐらい釣れます。おそらくはこの配色が水と同化しやすいのかな」。

鈴木さんおすすめ!応用の春ルアー「エクスセンス サルベージ70ES(シマノ)」

画像: カラー:レンズボラ

カラー:レンズボラ

フォールと巻きのメリハリが効くウェイト設定がセレクトの要だ
70mm20gの設定では、内房の河川のナイトでは沈み過ぎるとも思われがちだが、鈴木さんが重視したのは「巻きとフォールのメリハリ」。速い沈下速でも利用してリアクションで口を使わせる展開で多用する。ナイトゲームでもブレイク沿いを速巻きで通すという。

おすすめカラー「レンズボラ」
鈴木さんが「これしか使わない」というほど信頼するのがこのカラー。一見地味だが、日本全国で実績が高い!

使い方3ヶ条

其の1:.スタッガリングスイマーよりも広く遠くのエリアのカバーする

其の2:早い沈下速度を使ってリフト&フォールの切れを上げ喰わす

其の3:ナイトでもブレイクをかすめるような速巻きを入れてやる



この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.