タフバス攻略の切り札として日本独自のジャンルを確立した動かないミノー、i字系。差別化が難しい群雄割拠の激戦区に2020年DAIWAが満を持して送り込んできたのは、ユーザビリティと実釣性能を両立させた画期的ルアーでした!!


リップレスボディのノー感じを矯正

i字系の弱点といえば、操作感が極めて薄いこと。一般的なミノーやクランクベイトなどのようにリップのついたルアーは巻き始めるとそこに水の抵抗を受けてボディを左右に振るため、ルアー自体のアクションがラインとロッドを通じて手元に伝わってきます。

実はこれがとても大事。

ルアーの存在をアングラーが認識できていない状態では、モチベーションが上がらず、ひいてはそのルアーに対する信頼度にも影響を及ぼしてしまいます。

「ほんとにコレ、バスを誘えているのか…」みたいな。

そんな疑念から、ろくにキャストもせず早々に違うルアーへとローテーションしてしまう=釣れない=i字系に対して苦手意識が芽生えてしまう…。

『レイブリーズ』は、そんなi字系の泣きドコロを解消!!

顎の下にディンプルを設けて水を受ける面積を拡大、存在感をしっかりとアングラーに伝えてくれるのです!!

画像: このくぼみが、i字系の“ノー感じ”を解消(写真はプロトモデルです)。

このくぼみが、i字系の“ノー感じ”を解消(写真はプロトモデルです)。

さらにバイト誘発のトリガーを内蔵!!

「追うけどバイトに至らない」もi字系のあるあるですよね。

そんな歯がゆい思いを少しでも減らすため、『レイブリーズ』はボディ内部にアワビプレートを搭載。見る角度や光量に応じて色調変化を生じ、バスの捕食本応に訴えます。

画像: 天然素材の艶めかしい輝き!!

天然素材の艶めかしい輝き!!

直進軌道と水平フォール、i字系の基本性能を向上

『レイブリーズ』の開発は野尻湖(長野県)の腕利きガイドとして知られる丸山智幸さんが担当。足掛け3年でようやく仕上がったそうです。

水面直下用Sと表層用Fの計2モデル。ブレない直線軌道と水平姿勢をキープしたフォールを徹底的に研鑽して完成した令和i字系のベンチマーク。

『レイブリーズ』、早く使ってみたいですね!!

【SPEC】●全長:68mm●自重:未定●タイプ:F(フローティング)、S(シンキング)●カラー:全6色●価格:オープン●発売:5月予定。



関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.